敬徳高校・生活福祉コース

「相手の立場」に立って考える姿勢を身につける指導

普通コースの定員は100名。2年次からの選択で「生活福祉コース」の集中授業です。

「相手の立場」に立って考える姿勢を身につけ「こころとからだ」の理解を深め、人がひとを支える学習の中で、コミュニケーション能力を高める。

目標は、主体性に臨む姿勢を身につけること。

※4つのH・・・HEAD(正しい知識)、HAND(確かな技術)、HEART(豊かな感性・情熱)、HEALTH(健康)。いのちの尊さ、ありがとうの優しさ、笑顔の大切さを知る。

敬徳に決めた理由2016

ともにつくうろう豊かな暮らし ~ともに生きる社会を~

調理・福祉・保育など、生活に必要は基礎知識を学びます

「笑顔」で毎日を過ごしていますか。食事は毎日の楽しみです。おなかの満腹は人を自然に笑顔にします。日常生活は、こころとからだが満たされてこそ笑顔で過ごせます。「みんなが笑顔で幸せ」に暮らせるにはどうしたらよいか。また「いのちの尊さ」についても学習します。

校外学習や外部講師(卒業生)による講義を実施します。福祉現場への実習を行い、実際に働いている方の意見を聞けるとともに、その姿勢を学びます。またキャリア教育にも力を入れています。

さまざまな専門的資格検定を実施しています ■介護職員初任者研修終了、■全国高等学校家庭科食物調理技術検定、■大阪あべの辻調理専門学校料理検定、■福祉住環境コーディネーター、■全国商業高等学校協会主催ワープロ実務検定

敬徳の人材育成2016

自動車整備科

総合進学コース

情報ビジネスコース

生活福祉コース

普通コース

通信制課程