普通科 普通コース

自分をみつめ、将来に向かって大きく前進するために…

普通コース 教科書を開く学生
普通コース 黒板を使って説明する先生
普通コース クラスの授業風景

2年進級時に選択

普通コースを選ぶポイント

自分と向き合うことで将来が見えてくる!

中学校までの学習内容の復習も行い、「分かる授業」の展開に重点を置いた指導を心掛けています。 また、大学や専門学校への進学や、民間企業への就職など、生徒一人ひとりが持っている進路希望を達成できるように、基本的な学習習慣の確立と基礎学力の向上に努めています。

自分に合った進路選びができる!

生徒それぞれが持っている特徴を考慮し、「将来どんな仕事に就くのか」「どんな学校に進学するのか」について、キャリア教育に重点を置きながら作文や面接指導などを通して、普通コースでの一年でじっくり考えて決定していきます。 また、1年次より総合的な探求の時間を利用して、進路学習を行ったり、履歴書の具体的な書き方等についても学んだりする中で、今、自分自身にとって進路実現のために何が必要なのかを早い段階で考え、行動できる人間力の育成にも力を入れています。

進路ガイダンス

自己実現に向けたサポートで進路選択がしやすくなる!

年2回実施。 大学や専門学校、企業の方々を講師としてお招きし、各分野のお話を聞いたり実際に体験をしたりして様々な職業について学びます。 自分自身の将来について早い段階から考えることで、進路実現に向けて確かな歩みを進めていきます。

普通コースを選んだ理由

青山 小桜さん / 第一中

勉強と部活動の両立が出来ると思ったので、普通コースを選びました。テニス部ではきついこともあると思いますが、めげずに頑張っていきたいです。将来については、この三年間でしっかり決めていけたらと思っています。

中島 隆喜さん / 三瀬中

言葉一つで人間の心理や行動を推測したり、文だけで場面や情景を感じることができるので、国語の授業が好きです。小学校から続けている剣道を高校でもしっかり頑張り、さらなる高みを目指し、レギュラーに入り、日本一になりたいです。

1年次にコースガイダンス・希望調査・個人面談・三者面談を行い、2年次からのコース選択をサポートします。

2年進級時に選択